ほほえみは、お金を払う必要のない安いものだが

相手にとっては非常な価値をもつものだ

ほほえまれたものを、豊かにしながらも、ほほえんだ人は何も失わない

フラッシュのように、瞬間的に消えるが、記憶には永久にとどまる

どんなにお金があっても、ほほえみなしには貧しく

いかに貧しくても、ほほえみの功徳によって富んでいる

家庭には平安を産み出し、社会では善意を増し

二人の友のあいだでは、友情の合言葉となる

疲れたものには休息に、失望するものには光になり、悲しむものには太陽、

さまざまな心配にたいしては、自然の解毒剤の役割を果す

しかも買うことの出来ないもの  頼んで得られないもの

借りられもしない代わりに、盗まれないもの、

何故なら自然に現われ、与えられるまでは、存在せず、値うちもないからだ

若しあなたが、誰かに期待したほほえみを、得られなかったら、

不愉快になるかわりに、あなたの方からほほえみかけてごらんなさい

実際、ほほえみを忘れた人ほど、それを必要としているものはないのだから







清心女子大学で学んでいた友達からむかーしもらった、『ほほえみの詩』  です。

渡辺和子さんのお言葉でしょうか。

ずっと心の中で大事にしていました。

その友達と久しぶりに集合して、

思いっきりしゃべって、笑って、すっきりしたんよという話を両親にしていたら、

本当に良い友達なんじゃなー。としみじみと言われて、なんだか急にじーんとしました。

いることが、連絡とれることが、何かにつけて思い出すことが、当たり前の存在だったけど、

こんな素敵な人達と、いまだ繋がっていられて、

ささいなことも小さなことも笑いに変えられて、涙が出るくらい笑って、

本当にありがたいなぁとしみじみ思いました。

ひとつのことを、いろんな角度からみることができるのも、友達のおかげです。

いろんな人がいて、いろんな考え方があって、

そのことと、どう向き合うか、そらすか、とてもいい時間でした。

(真面目な話はしていないんですけどね。)

またどうでもいい話で涙出るくらい笑いたいので集合したいと思います!!

と、思っていたら、安室ちゃん引退で、SNSのグループで話せて、高校時代の話がみんなと出来て、

元気でました。

みんなで沖縄旅行行こうねー!!

浜辺で寝るばっかりしてもいいからね♪